人気ブログランキング | 話題のタグを見る

パオのパン生活

paomama.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 28日

伊勢丹が終わって・・・

は~!伊勢丹松戸店の催事が終わって1週間が過ぎた。
毎日いろんなことがあって感動!感動!そしてヘロヘロだった。初日の13日は思いの他お客様が来てくれて、スタッフも一生懸命で涙が出そうな感動を味わいながら、ブログに書かなきゃ・・と思いつつ睡眠時間2時間はキツくご飯も食べずに寝ていた。

パオのパンは全てが自家製の天然酵母を起こしてパン種を作り国産小麦100%でパンを焼きイーストもイーストフードも一切使わない為、発酵に大変時間がかかるので、パンにするまでにかかる時間が、一般の何倍もの時間がかかります。

ですから、今回の催事のように朝9時に伊勢丹に焼きたてのパンを並べるためには逆算して夕方の6時半から仕込み始めて夜9時から分割、成型が始まり、1時から続々と窯が始まる計算。製造スタッフはこの催事に合わせて一週間徹夜でパンを焼くことになる。

7年前伊勢丹本店の催事2週間連続を受けたことがあって、その時のお話で「発酵に時間がかかるので前日のパンでいいですから。」とお引き受けしたものの、実際初日前日のパンを並べたところ、全くパンに勢いを感じられず、「こりゃだめだ!」とすぐに徹夜の製造に変えて、でっかいカンパーニュをごろごろ焼き立てで出荷して、喜ばれた。
伊勢丹が終わって・・・_a0072505_2026159.jpg
夫は今回の伊勢丹松戸店のお話をお引き受けした段階で徹夜の製造の時間をくみたてていた。ただ、パオは小さな個人店。職人は夫一人。製造補助の女性スタッフ2名とパートさん数名、だからこそコンスタントな目の行き届いたパン作りが出来るものの、今回のように量産するとなると夫の製造の許容範囲を超える。

夫は時間をかけていいものを作ろうと考えた。仕込みや分割の時間に余裕を持った時間割を立てて、伊勢丹松戸店でパオのパンを買ってくださるお客様のことを考えて、「今回はあせらず楽しんで焼こうと思っているんだ。」そうは言うものの、仕込みの生地だけで20種類位になっていた。

量産することでパオのお店のメニューを絞らせてもらい、日替わりメニューが大幅に変更になりお客様には大変ご迷惑をおかけしました。それでも伊勢丹松戸店の広告の表紙に大きく載せてくれたことで、「がんばってね。」とお客様から声をかけられた。

今回この催事のために3人のヘルプが入ってくれて、それはがんばってくれた。伊勢丹が終わって・・・_a0072505_2026568.jpg

毎日「来たわよ~!」と新松戸のお客様が見に来てくれたり、広告を見て引っ越す前のパオのおなじみさん会いに来てくれたりと同窓会みたい。
伊勢丹のレジの社員さんが「私引っ越す前のお店に時々行っていたのよ。」とそっと言われ、「あーーーーー!」なんてことも。

二日目、目の前に立っていた女性。ニコニコしながら目が合う。「あーーーー!」と思い出すこと数分「覚えています~?」「た・か・こさん?」
「え~!よく覚えていますね。」「今何しているの?」
「今は違う仕事をしながら自宅でお料理教室をやっているんです。」
たかちゃんは当時20代後半、OLをしながらお料理教室に通い、パオで働きたいと週何回か手伝ってもらったことがあった。6~7年前のこと
「広告を見て来ました。」とうれしい限り。

伊勢丹松戸店でも毎日来てくれるお客様もいて「今日も来ちゃいました!」なんて、うれしい限り。

催事1週間のパオ
夕方6時夫がパオに入る。
足立区鹿浜から来る高橋君が6時半頃来る。
7時ミキサーが回りだす。
5時伊勢丹松戸店ではまどかやひらめちゃんと3人で夕方のラストスパート。
7時30分まどかとひらめちゃんに後始末をお願いして電車で新松戸に戻る。
8時ライ麦の分割補佐。
8時半自宅に戻り、子供の顔を見る。
9時伊勢丹から戻るスタッフとかたずける。
9時15分販売スタッフは帰る。
自宅に戻り夜食を作る。
9時50分グラハムパオ分割補佐。相変わらず自宅とお店を行ったり来たり、
自宅に戻る。洗濯その他
10時30分カンパーニュの分割補佐。11時になるとかなりしんどい!
「もう無理!おやすみなさい!」と戻る。
1時ちえちゃんが製造に入る。
3時過ぎに目覚ましをかけて、4時お茶を入れに入る。
6時ゆきちゃん出荷の準備に入る。
7時販売担当まどかちゃん、ひらめちゃんはいる。
7時20分出発!
みんなで「いってらっしゃ~い!」と日の丸の旗でも振りたい感じ。伊勢丹が終わって・・・_a0072505_2027249.jpg

お隣のお花屋さんの花新さんやお向かいの石川さんがにこにこして「がんばってね。」と声をかけてくれる。商店街ならでわのこと、ありがたい。
こんな楽しい7日間。あっという間。

終わってみれば、「伊勢丹で買っておいしかったから来ました。」とお店に毎日リピートしています。ハード系中心でやっていこう決めていたので、今後のパオのパンのあり方がより明確になった7日間でした。

本当ならお断りしていたはずの催事。説得してくれた伊勢丹松戸店食品の小川マネージャーには感謝の気持ちでいっぱいです。また今回のような機会を与えくださった伊勢丹松戸店の方々に感謝♡ありがとうございました。
今後変わることのないパン作り、接客販売を誓う10年目のパオでした。

by paomama | 2006-09-28 16:43 | 天然酵母パン


<< お客様の個展      これから始まる♪ >>