人気ブログランキング | 話題のタグを見る

パオのパン生活

paomama.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 18日

伊勢丹の話その2

伊勢丹での話を数ヶ月前、研修生として朝6時からラストまで仕事をして、約2ヶ月で研修を終了したMに相談した。まだ次が決まらず、相変わらずの生活をしている。研修終了時、中途半端な自分に気がついたのでそのままパオで働きたいと一生懸命に伝えられたものの、次の人員は決まっていたし、夏で少し暇な時期になるので、「ok」は出せなかった。

けれど、人員的に派遣出来る人間は彼女しかいない。
「ようやくパオをあきらめて次を考え出したところなので、流れからいって半端な気がする。」
そう伝えられたものの、彼女に頼むしかない。

「次は決まったの?毎日何しているんの?」そう尋ねると、母方のおばあちゃんの具合が悪いので母親が行きっきりのため、家事をしているという。

「伊勢丹かぁ、面白そうですね。」楽しいことが好きな彼女は少し動いた。
とりあえず電話では・・・・と、直接会うことに。

夫と3人で話す。
「結局、売り上げどうこうよりも、ここまで頼まれて動けないというのは・・・・。」と
しばらく、繭にしわをよらせて、「ん~!伊勢丹かぁ、面白そうって言えば、面白そうだなぁ。」
しばらく考えて・・・・
「ん~じゃあ、この7日間だけはやりますよ。」そう答えてくれた。

尻切れな感じの終わり方をしたのに、また手伝ってくれる。
これも彼女の人柄だろう。
「パオにおいてください。」と捨てられる子犬みたいな表情でお願いされた彼女を思い出し、申し訳ない思いでいっぱいになった。

6月上旬彼女に近所の幼稚園でエコパーティで販売員をしてもらったことがあり、その時の動きの良さが今回の企画には戦力になると考えた。

まだ、先の話とはいえ、もう2ヶ月位しかない。
少ない人員で丁寧なパン作りを心かけているパオにとって、別企画な仕事を引き受けることは異例のこと。

自家製酵母と国産酵母のみでパンを焼いているので、コンスタントに量産を7日間行うという緊張感に体が締まる。

イーストもイーストフードも一切使わず、国産小麦にこだわりパンを焼く。
9月の中旬といえば、まだ残暑もきつく蒸し暑い。決してパンにいい時期とは言えない。

8年前伊勢丹本店の企画をやったのも、この時期。9月中旬から2週間休みなし。2週間で3キロやせた。焼き立てであさピックするため夫と当時のスタッフは午後2時から仕事をして、夜中に焼いて、朝6時伊勢丹のトラックに乗せた。

そして、家事をして保育園を祖父に頼んで、7時過ぎには電車で新宿に・・・
8時半には入らないと売り場が作れない。
始めは販売員の手配が不十分で自分と2人。

予算的に販売員は雇うことが出来ないので、パン好きのボランティアを募った。
すると、ぞくぞくと自分の都合のいい日にちを書いたファックスが届き、人員のローテーションを組む。スタート時かなりばたつきヘロヘロだった毎日が、2週間の後半はかなりスムーズになっていった。

しかし、3番目の息子はまだ8ヶ月。母乳で育てていたため、授乳に苦労した

by paomama | 2006-07-18 09:43 | 天然酵母パン


<< お肉屋さん      無塩パン >>