人気ブログランキング | 話題のタグを見る

パオのパン生活

paomama.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 05日

トマトときゅうり

流山からパンを買いに来てくれる佐々木さんが、なにやら野菜でも入ってそうな袋を持ってお店に入ってきた。

「食べて。」とどさっと、レジ台の上に袋を置く。
見れば、トマトときゅうりが山の様に入っている。

「いつもおいしいパンを焼いてもらっているから。」と、

「えーこんなにたくさん!」野菜大好き大家族の我が家には、たいへんうれしい贈り物。

佐々木さんは、パオが裏手でお店をしていたときからのお客様。
引っ越してからしばらくお会いしていなくて、

昨年末、大きなおなかをして買いに来てくれたのは3~4年ぶり位。

3歳になるお子さんがいて、仕事もして、毎日大変で、パオに来ると
「朝早くからがんばってるなぁ」と励みになると言っていた。

今年に入ってから、頻繁に買いに来てくれる。
彼女のお気に入りは全粒粉の食パン。そしてパオの焼き菓子。
素朴な味と日持ちがするのがいいと言う。

「本当においしいよね。私なんかどうしてこんな味がするんだろうと、全粒食パン1枚をまじまじとながめているんだよ。」なんてうれしいことを!

「埼玉の農家さんから頂く農林61号という小麦を石臼でていねいに引いて、ほら、あんな風に振るって入れてるの。」ちょうどスタッフが粉ふるいをしていた。

「だからおいしいんだね。」と納得

朝早くからがんばっている夫にすかさず
「シェフ!おいしいって言って下さっているよ。」売り場の空気を工房内に流すのは私の役割。
こもって仕事をしているから、なかなかお客様の声が聞きにくい。

こんな風に言ってもらえるときほど、お客様と製造の人間をつなげたいといつも考えている。
「有り難うございました。」夫もちょっとうれしそう。

by paomama | 2006-07-05 07:39 | 天然酵母パン


<< パン屋さんのちかちゃん      おー君の一日 >>