人気ブログランキング | 話題のタグを見る

パオのパン生活

paomama.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 02日

哲生君の気持ち

中学一年生になる哲生君。
さあ、パンの卸しを始めようか、と起業宣言したときにお腹に入り、忙しい最中産まれた。
当然、いつも寝かされて、ベビーフォンで、泣き声が聴こえた時だけ手を出す生活。

何とか、産まれて育っていたのに、いきなり卸しを辞めて店売りに行こうしたのは哲が半年のこと、
店売りでやっていこうと決めた時、伊勢丹本店の仕事が2週間入り、まだ乳を飲ませていたのに引き受けた。

by paomama | 2010-09-02 20:23 | 暮らし


<< 山賀さんの作ったじゃがいも      歩いてみる。 >>