人気ブログランキング | 話題のタグを見る

パオのパン生活

paomama.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 21日

さくらちゃんとさくらちゃんママ

今日でこのお店は終り・・・。
感傷的になるかと思えば、そうでもない。
新しい工場を作ることで、我が家は狭くて難民生活みたいなので、
感傷にひたる暇がない。
最後の日くらい・・・朝から、と思ったけれど、
相変わらずの朝を迎えた。
風ちゃんとルナの散歩をしてから、お店に顔を出して、今日のお仕事の打ち合わせ。
お店で朝食を作って、自宅に持っていった。
我が家は今、台所がないので、最小限の生活。
けれど、以外に少しの食器で生活できることに驚く。

今日は、コンクリートを流すと聞いていたので、早めに家事を済ませると、
8時頃、コンクリートミキサーが庭に入ってきた。
あまりに壮観な眺めに、「ちか、てつ、みり!」と呼ぶ。
やっぱり、一番喜んだのは3年生にちかちゃん。
職人さん4人の連携した仕事を、しばらく見ている。
「すごいすごい!」って・・・・。
以前、一番引越しに反対していたみりも、「だんだん出来てきて、何だか楽しいね。」って、

まあ、昨年はいろいろあったから・・・・。


夫と入れ替わりにお店に入ると、かなりバタついた後な感じで、大川ちゃんが
「食パン系がほとんどご予約で無くなりました。」と、
まだ、11時・・・。
「仕方がないよ。でも、ありがたいね。」
今日までの営業というお知らせは告知とホームページのみ。
けれど、たくさんの人が駆けつけてくれた。
かなり、感動!

引っ越してからお客様のさくらちゃんママが夕方パンを買いに来た。
2歳になったさくらちゃんの手を引いて、
ぶどうパンが大好きなさくらちゃん。
ところが、ぶどうパンは、すでに売れ切れていた。
しばらくお休みということもあり、ドライフルーツいっぱいのクリスマスパオを買われた。
さくらちゃんが生まれる前は、ずっとパパがお兄ちゃんとパンを買いに来てくれていて、
そのお兄ちゃんが2歳位だった。
「うちの主人も、このお店は大好きだから。」と言ってくれて、
記念に写真を撮っていいですか?」とデジカメを取り出した。
「どうぞ、どうぞぜひ、」と言う言葉にママは、店内のさくらちゃんをとる。
パンを買ってもらって、外に出るとママが、お店の外にいた。
大川ちゃんが「ママと一緒に撮ってあげようかな。」と気がつく。
お店の入り口でママとさくらちゃんの写真を撮ると、
「ゆりこさんと写真を撮りたいんですって。」と
かなり、びっくりしたけれど嬉かった。

人通りの多い交差点で、お店を背中に記念写真。
なんて、すこしずつ感傷的になってっきた。
こんなふうにお店を可愛がってくださるお客様に囲まれていて
私達はすごく幸せ。
またまたのお引越しで迷惑をかけてしまうのに、ありがたい。

by paomama | 2010-08-21 23:21 | 天然酵母パン


<< 銭湯へ行く      最後のお店 >>