パオのパン生活

paomama.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 06日

ハワイに行った太郎くん。

ここでは太郎くん(偽名)にしておきます。

昨年の11月の終わりの夕方の事。
辺りは暗くなり、もうすぐ閉店という時間。
一台の赤い車が庭に入って来た。
男の子と母親が「良かったあった~✨」と、店内に入って来た。

安孫子から来たこの親子さんは、息子さんが一ヶ月入院していて、
添加物と繊維の多い食べ物はダメで、
ネットで「添加物のないパン」と検索したらパオが出てきて
ようやく来れたと言う。

始めてパオに来るのに、
新松戸を知らなくて、辺りが薄暗くなってたどり着くのは、
なかなか難しい場所にパオはある。

入店するや、母親は満面の笑顔で「やっててよかった~!」と二言目。
しばらく、今までの経緯を聞くことになった。


男の子、太郎くんは中学一年生。
小柄なので、小学5~6年生かと見えた。
小学生の5年生の頃から、時々お腹が痛くなり、便秘と下痢を繰り返していた。

幾分小柄なので、母親は気になっていたと言う。
小学4年生辺りから、身長が止まり体重も増えない。
心配したおばあちゃんが、自分の弟が戦後の食料難の時代にバターを食べさせたら大きくなった事を思い出し、
孫の為と、せっせとバターを運んで来て、食べさせていた。

半年も続いた頃、突然の腹痛に太郎くんは襲われ、病院に搬送され、
そのまま緊急入院となった。

そのまま、一ヶ月断食。
毎日、抗生物質と点滴だけ。


病名は「大腸のクローン病」
西洋医学では、その箇所大腸を切る手術しかないと言う。

一ヶ月、毎日検査検査の日々。
小児病棟なのに、何も食べられない。

一ヶ月後、手術の同意書にサインするまでになった。

その時、母親がふと太郎くんを見ると、
食べられないストレスで、少しおかしくなっていた。


大人なら、状況的に食べない意味が解るものの、
お腹が空かなくても、回りの子供達が食べているのを見るのは
想像以上のストレスだろう。

母親は、その状況に気がつき
サインするまでになっていたのを撤回して、緊急退院させて来た。
半ば無理やり。

「それでも母親か!殺す気か!」とまで、言われた。

このまま、ここに置いて置いたら、息子は精神的におかしくなる❗
そう、母親は感じた。



とにかくパンが好きで。

そう言うと、今までの経緯を話してくれた。


太郎くんが3才の時に離婚。
お姉さんが一人。
以来、母親が働いて育てていた。
太郎くんは、コンビニが大好きな偏食くんで、
野菜は食べない。
コンビニのパンとお菓子が大好き。


母親は食の大切さをあまり知らなかった。



しばらく、母親と太郎くんはパオに通ってくれた。
来るつどに、食の本や医療の裏側なんて本を貸しては、
毎回話した。

私達の子供達は予防接種を一切していない。
小学校に上がるまで、ほとんど肉は与えていない。

私の母親も25年前に、腎臓が倍に腫れていて手術と言われたのを、
私が、腫れてるから切ればいいはおかしい。
腫れてるなら、縮まなきゃ。
切ったら腎臓ではないですよね。

そう言ったら、先生はムッとした。

当時30才、バリバリのマクロビアンだったから、
思ったまま言ってしまった。
意見なんて、大それたことも思っていない。

ただ、太っていた母親は、
脂肪が大変だから、痩せてから手術と診断された。


その後数年後、精神的なトラブルで引きこもり、食べなくなり激やせ。

元気になった82才、内蔵はどこも悪くない。
少し痴呆があるだけ、
あの時の手術って何?
いつも思う。


そんな話をしたら、太郎くんの母親は
ポロポロ涙を流した。
怖かったと言う。

自分の直感だけで退院させたものの、大丈夫なのかと。



その後、船瀬塾を紹介した。
丁度、医療の勉強会があり、太郎くんと二人で参加する事を進めた。
一番前の席に二人で座り、太郎くんは船瀬先生にいじられながら、
たくさん笑って学んだ。




その後、
しばらく姿が見えなくて心配していた頃、
半年ぶりに太郎くん親子が店に来た。



「明日から半年、ハワイに行くんです。」
ハワイで医療用大麻を使った治療を見つけたと。

経費は数千万。
家が買えると。

それでも、お金をかき集めて、借金して行くと言う。



コンビニの添加物が、このクローン病の原因かは解らない。
けれど、大腸だから、全く関係ないとは言えない。

手軽で、安い食べ物が、
数千万と子供の時間を引き換えにした?


でも、太郎くんは病気を克服して
自分と同じような人のアドバイスが出きる人になりたいと
笑顔で言ってくれた。


明日、ハワイに行くという前日に太郎くんは
「パオママに挨拶に行かなきゃ!」って来てくれた。



半年後、元気で会えるように祈っています。
そして、私も半年後に太郎くんに会った時に
笑顔で迎えられるように頑張るから。


これから、紫陽花が咲くからね、
花の季節が変わる秋頃に会えるかな。
待ってるね。
a0072505_04461936.jpg


この掲載は太郎くんのお母さんの了解済みです。
参考になればとおっしゃていました。



[PR]

by paomama | 2016-06-06 04:03