パオのパン生活

paomama.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 13日

大切なお客様

久々にお店に常岡さんご夫婦がパンを買い来てくれた。
裏手でお店をしていた頃からのお客様で、
初めてテレビで紹介された東京12チャンネルのパン特集を見て、
なかなか解りずらい場所なのに、一度で来れたと感激しまくりだったお客様。
もう、12年のお付き合い。

元々、ハード系、と言うより
ライ麦パンが大好き、一年中ライ麦パンでもいいというお客様。

以前から、まとめて1か月分を買いに来てくださって、
それは、みごとな買いっぷり。
ライ麦30%、50%、100%、
全粒30%、65%、
フランスパン生地の食パン、玄米食パン、など全てホールで買ってくださる。

昔から、常岡さんが来るとライ麦パンが足らなくなる為、
以前は、そろそろ常岡さんのパンの日っぽいなぁと言う日は、
種の計量前にお電話で客年させて頂いていた。

今日は、ライ麦も全粒粉のパンもいろいろ揃っているし、雑穀パンもある。
Sさん好み満載の日。
いつもの定番をバンバン選ばれて、お会計をすませてから、
新商品のライ麦80%をお話しするのを忘れていたことを思い出した。
けれど、半分だけ裏にはねてあり、
・・・・と、いうのも、商品化1ヶ月で大人気。
一度、買って頂いたお客様、ほとんどリーピートしているので、
最後のハーフを隠しておいたのでした。

「Sさん!すごいラオ麦パンが出来たんですよ。
ライ麦が80%なんだけれど、皮ががっちり、むにむにしていて、もっちり、というか
歯に粘るくらいの粘りがあって、ライ麦50%とも100%とも言えない酸味があるんです。
また、その酸味がいい感じで、この蒸し暑い時期に、すごくおいしく感じるんですよ。」

「え~!ぜったい頂戴!聞いただけでよだれが出そう!」と満面の笑顔。

「今日はね、朝から主人が、今日はパオパン行くんでしょ!って、何度もいうのよ。」
と嬉しいお言葉。
常岡さんご夫婦は以前は鎌ヶ谷に住まわれていて、今は野田にお住まいだ。
パオには駐車場が無いので、わざわざダイエーさんに止めて、歩いてきてくださる。

そんな常岡さんのご主人は、以前はライ麦は苦手、
パオに来始めた12年前は、ご自分の分を一か月分5千円位買いに来てくれていた。
ご主人の分は、違うパン屋さんに白いパンを買いに行っていた。
ある日、「いちいち一つ白いパンを買いに行くのが面倒なのよね。」
ということで、イギリスパンやぶどうパンなどソフトなパンをお勧めして
買って頂いたあたりから、ご主人も少しずつ慣れてきて・・・・

気がつけば、ライ麦大好きご主人になっていた。
で、当然、常岡家のパオパン代は一ヶ月一万円位になっていて、
当時、「すごいですね・・・。」と唖然とする私に
「でもね、うちの朝食はパオパンと珈琲だけなのよ。サラダもスープも無いのだから
おいしいパンじゃないと駄目なの。」と笑顔でこだわりを話してくださった。

ダンボール箱に山のようなパンを、常岡さんはご自宅に帰ってから、
ライ麦30、50、100%を1枚ずつ3枚のセットでラップに包む。
全粒30、65%を1枚づつ2枚のセットでラップに包む。
ぶどうパン、ふらんす食パン2枚のセットでラップに包む。
・・・・・を全部作り、丁寧に冷凍して、毎朝、好みのセットを解凍して珈琲を入れるそうで、
なんとも丁寧に召し上がってくださいます。

その話を12年前に聞いたときには、すごい人がいるもんだな~と感心していた。
そんな付き合いも、ここまで来ると、お友達とも親戚とも兄弟とも違う
不思議な関係・・・。毎朝、私達の育てた酵母で焼いたパンをずっと食べている。
考えただけでも、かなりすごいこと。

やっぱり、毎朝食が添加物いっぱいのパンより
100%ピュアで国産小麦100%のパンなら、身体にもいいでしょうね。


・・・夜、風ちゃんのお散歩中に、携帯に常岡さんから
「ライ麦80%、すごいよ~!やったね!・・・」の大絶賛の電話。
「もう、3枚しかないよ!」と・・・。

ありがたい一日でした。
[PR]

by paomama | 2010-07-13 23:27 | 天然酵母パン
2010年 07月 13日

2006年から、ずっとライ麦100%

2006年の始め頃、近所の細身の奥様が
「私、冷え性なんです・・・。」といらした。
「なぜ・冷え性でパン屋なの?」と考える私に、

「すごい冷え性で辛いんです。」
「もしかしたら、毎朝食べるパンでも変えたらどうかと思って・・・。」そこまで聞けば納得。

そこで、少し身体と食べ物の話をしてみた。
マクロ的な考え方での冷え性、パン・・・。

いろいろ試して、自分の好みを見つけたいと連日いらして、
端から、一折試してみた。ほとんど全部と言っていい位。

そこで、彼女が気に入ってくれたのは
ライ麦100%とライ麦50%にオーガニックのドライフルーツが100%入っている
クリスマスパオ(クリスマスにケーキをイメージして作ったので、こんな名前。)
くるみ、アーモンド、カシューナッツ、サルタナレーズン、カリフォルニアレーズン、カレンツ、クランベリー、イチジクなどいっぱい入ったパン。

以来、毎週月曜日、1ホールづつ2種類をずっと食べてくれていて、
寒いときも暑いときも、ずっと5年間。
「よく、飽きないですね・・。」と関心するわたし。

ところが、先週の月曜日に私がいないときにいらして
スタッフに、しばらくお休みするから。とのこと

さすがに飽きたのかな、と思い、電話をしてみたところ
「少し違うパンを食べてみようかと思って・・・。」と
・・・・さすがに飽きるよね、と納得し
「いろいろ、ありがとうございました。」と電話を切り

なんか、妙な気持ちなので、食べやすいイギリスパン、玄米パン、いちじくくるみ、アンパン
を袋につめ、5年間のお礼のつもりで、ご自宅に伺った。

私は、もっと買ってもらいたいとか、そういうつもりでは無く、
長い間食べて頂いたお礼のつもりで伺った。

すると、お客様も電話を切ってから、
「なんか、うまく伝えられなくて電話しようかと思っていたの。」と言ってくださった。

「まあ、この蒸し暑さだから、ライ麦100%ばっかり毎日はきついですよね。」と話すと
びっくりしてされていて、そこで、
「ライ麦は寒い土地で痩せた土地でもできる麦の中でも陽性な麦で、さらに100%となると
30%や50%より陽性だし、こう暑くて蒸し暑いときついですよ。」とお話した。

季節が夏に向かって、陽だから陽の食べ物がきついということ、
たとえば、玄米も夏になると食べられなくなる人がいる話。
むしろ、白米やそうめんのほうが食べやすい話をすると。

「な~るほど!」と大きなめをきらきらさせて笑った。
「実は最近、ライ麦100%を食べると、以前と違う感じで、
私、身体がおかしいのかと思っていたの。」

「どんなにライ麦が好きでも、一般的には30%のものや50%に変えたり、
ライ麦ではなく小麦の全粒粉のパンに変えたりが通常で、5年間もずっとライ麦100%
を食べていることもすごいですよ。」としばらく話した。

「じゃあ、他にもいろいろあるの?」と過去にいろいろ試したことをわすれていて
説明すると、大きく納得され、
「なら、いろいろ変えてみる!ありがとう。よかった話せて!」と言ってくれて
私もっすごく嬉しかった。

なんだか、とっても気の合うお客様。
次に何を、気に入ってもらえるか楽しみ!
[PR]

by paomama | 2010-07-13 00:31 | 天然酵母パン
2010年 07月 09日

屋久島に行きたい

今年の8月で50歳になる私。
自分を生きてきて、これからも自分で生きていくのに、
背中にあるたくさんの自分を整理したいと思って数日。

「内観したいな・・・。」ふと、思った。

私は28歳でマクロビオティックに出会って、ものの見方が変わった。
その、半年後、三重県にある室町時代からあるお寺で一週間の内観をした。
内観をして、母親へのわだかまりが一切消えたことがすばらしかった。

そんな、自分探しをしていた30歳前後。

あまりに子供で、けれど30歳という責任めいた年齢のプレッシャーに
「このままの私ででいいのか・・・。」が、テーマだった。

ホリスティック医学やアーユルベーダ、仏教、自然食などなど、
いろんなことに出会った。



・・・ネットで内観を調べたら、屋久島に当たった。
今年の初め、伊勢神宮か屋久島にいってみたいなぁって思った。
[PR]

by paomama | 2010-07-09 01:27 | 暮らし
2010年 07月 07日

ケムさんが来た。

夕方、バックヤードで事務仕事をしていると、売り場から明るい声が聞こえた。
売り場に行くと、スキンヘッドのケムさんが来てくれた。
ケムさんはキマちゃんのパートナーで、落ち葉を集めて堆肥にする自然農法を実践している人。
昨年の2月に会ったのが始めて、以来だから1年半ぶりだ。

キマちゃんとは、ガイア時代からの知り合いだけれど、ケムさんとは前回が始めて、
けれど、前からの知り合いのように、近況報告に花が咲いたのは、ケムさんが明るく気さくな人差からだろう。
今は成田から、茨城の土浦の先にようやく引っ越して、自分達の農場を借りて独立を始める。

頑張っている姿にエネルギーを貰う。
光っていて(頭じゃないからね)羨ましいと思った。

16年前にパンを焼き始めたときがそうだった。
天然酵母を見つけたときは楽しくて楽しくて、毎日わくわくしていたのだ。
お店を、今の場所に引っ越した時も、沢山の人に食べてもらえると嬉しくて、
ドキドキだった。

・・・・ただ、かなり忙しすぎて、

ケムさんを見て、私達のパンとの生活を考えた。
[PR]

by paomama | 2010-07-07 21:08 | 天然酵母パン