パオのパン生活

paomama.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:こころとからだ( 37 )


2015年 07月 23日

不思議な治療(4)

その後も毎週通って、今日で4度目の治療。

腰と言うより、背中の骨が痛い。
日常生活には、困らない程度の痛みが時々ある。

背が高いから、調整を間違えたみたいだと、またワサワサと治療。

一週間以内でなくていいから、また痛かったらきてね。


………だいぶ良くなったんだけれど、一瞬ではなかった。
でも、頭がすっきりしていて、治療を始める前と比べると、別人みたいに
やる気と気力が湧いている。

初めて行った次の日のから、気持ちもすっきりしていて不思議。

そこで、先生の治療は頭がからふくらはぎ辺りまで、ワサワサしていた。

ネットで、いろんな人の感想を読む限りでは、
自分の持っている自然治癒力を引き出す。
なんて、書いている人がいたけれど、それかも知れない。

気功ではない。

たった2分程度の治療。

次回は一週間開けて様子見てから行ってみよう。
[PR]

by paomama | 2015-07-23 20:10 | こころとからだ
2015年 07月 09日

不思議な治療⑶

次の日の朝、目覚めて起き上がる時に、いつも来る腰のピキーンとした激痛は無い。
やっぱり、効いているの?

一週間過ごすが、腰は楽な気がした。

そして、今日は2回目の治療。
朝一は混みそうなので、先週と同じ位の時間を目安に出かける。
と、言っても治療は数分で終わるから、混雑していても、
一人5分程度でサクサク終わるから、 退屈はしない。

今日は混んでるの?
8人は座れる椅子がいっぱいで、スリッパも足りない。
仕方がないので、治療が終わって帰る方をまつ。

わずか数分で、治療室から女性が出てきた。
スリッパをお借りして、待合室に上がる。
しかし、人が履いていたスリッパを、すぐに履くのは何とも………。
混んでると思っていたら、付き添いで来ていた方もいたようで、サクサク終わる。

しんと、静かな待合室に治療中の会話が聞こえるので、面白い。
中には、一瞬で痛みが消えて喜んでいるいる方もいた。
数分後、自分の番が来た。

しばらくぶり?

いえ、2回目です。

名前は?

林です。

先週に書いた名刺サイズのカルテを見る。

ああ、その後どう?

……前よりはいいんですけど、まだ痛いんです。
あと、2月に自転車で転んで痛めた右膝の違和感が取れないんです。

座って。
治療ベットに座り、先生は後ろに回る。

うん、解った。
こっちの台に移って。

縦型治療ベットに移動。

うい〜ん。ベットが斜めになり、
先生はまた、頭から背中、ふくらはぎ辺りまで
軽くつまみ払うように、サワサワと治療?
わずか、1〜2分ほど。

はい、こっちに来て、
ベットを移動。

どう?
少し楽なようです。

はいっ、じゃあまた、一週間後に来てね。
[PR]

by paomama | 2015-07-09 20:47 | こころとからだ
2015年 07月 02日

不思議な治療⑵

その後、腰の痛みはなかなか消えない。
朝、起きる時に激痛が走る。

座っていて立つ時には、どこかにつかまらないと辛い。
寝ていて、立ち上がる時が最も辛く激痛が走る。
かれこれ、3週間がたつ。

さすがの夫も
整形外科でも行けば?

今回の腰の痛みはいつもと違う。
整骨院も2回で行かなくなった。
2回目の担当の方が、申し訳ないけど嫌だった。

なんていうか、手の感触というか、
何人もいる治療院だと、誰が当たるか解らないし、
手当が違う気がした。

知人からある治療院を紹介すると、メールをもらったのは一週間前のこと。

その後いかかですか?
いい治療院があるんですが、紹介しますよ。

ただ、場所が遠いし、保険がきかない。
さらに、一時マスコミやネットで評判が広がり、
初回の料金も安くはない。

とりあえず、ネットで調べてみた。
ホームページはないらしいけれど、いろんな人が自分のブログに書いているらしい。
何人かのブログを読む限りでは、
あの手の治療だと解った。

メールをもらった時は、ほとんど行く気もなくスルーしていたけれど、
さすがに3週間。
仕事にも支障があるし、ヨガやピラティスも行けない。
ふと、昨日から教えてもらった治療院に行ってみようか……。
と考えていた。

一時、すごい混んでいて、初回の料金が上がったらしい。

小雨まじりの朝、
こんな日なら、混んではいないだろうと考えた。
紹介してもらった彼にメールして出かけた。

これから、例の治療院に行こうと思います。

すぐに電話がかかってきて、駅からの説明をしてくれて、
自分は、確かだと思うし、妻や知人も何人か紹介したけれど、
皆んな、3〜4回で良くなっている。
と、説明された。

10時過ぎの武蔵野線に乗り、乗り換えること二回。
約一時間で駅に着いた。
思ったより近い。

初めて降りる駅。
駅前に噴水を確認する。
誰かのブログの写真に載っていた。

確か、こっちだろうと歩く。
キョロキョロしながら、説明されたポイントまで行くが見当たらない。
行き過ぎたかと、戻る。
ポイントの隣の雑居ビルの入り口を見ると、4回に治療院の名前を確認。

なんだ、駅前じゃない!
そう言ってくれれば、解りやすかったのに…。

恐る恐るビルに入り、小さなエレベーターに乗る。
かなり、古いビルのようだ。

エレベーターを降りると、左手に治療院の名前の書いてあるドアを見たけた。

そっとドアを開けると、小さな下駄箱があり、スリッパがあった。
右側が待合室、左側が治療室のようで仕切られていた。
待合室といっても、8人も座ればいっぱいになりそうな横椅子。

5人の患者さんが待っていた。

お一人でされているため、初回は大きな声で
初回です!と叫ぶように言われていたけれど、勝手が解らない。
治療室の仕切りの壁にいろんな張り紙がしてあり、
初回の方は、初回ですといってください。

待っていた方に、
いつ言えばいいのですか?
と尋ねると、叫んで。と教えられ、

今ですか?
治療中でけど、いいんですか?

大丈夫と伝えられ、恐る恐る
すいません、初回です!
少し大きめの声で叫ぶと、治療室の入り口らしきのれんから、
にゅっと手が出て、ボールペンと小さな紙を渡され

ここに痛いとこ書いてね。
裏もね!
初回料大丈夫?
手だけ出てきて紙を渡されると、すっと手はひっこみ先生は治療を続けていた。
声がはっきりしていて、治療中の声が筒抜け。

しん…。としていて、
先生の話し声だけが響く。
隣の人と世間話をする空気ではない。

一人5分位で治療はサクサク終わっていく。
待つ事、数十分で自分の番がきた。

緊張しながら、のれんをくぐると大きなマスクをした男性の先生がいた。
私の書いた紙を見ながら、どこが痛いの?と聞かれ、
胃けいれんから腰が痛いことを説明し、
2月に自転車の転倒事故から右足の違和感を伝えた。

腰だけじゃないよ、ここからここね!

と背中から腰を説明され、 ベットに上向きで寝るように指示された。
寝ると、背中に手を入れられた。
胸の後ろのあたりを数本の指で突かれた。

ヒィ〜!
激痛が走り、飛び上がりそうになると
動かないで!と注意され

解った。じゃあ、これを取るからこっちのベットへ移動して。

縦型のベットにうつ伏せを指示され移動する。
さわさわ〜っと、なぜられているのか、はらっているのか…。
1〜2分さわさわして、

はいっ、こっちの ベットに寝て!

再び先生の手が背中に入る。

あれっ?
痛くない!

今日はここまでね、一週間以内にまた来てね。

そして、治療後の説明書きを説明され料金を払う。

?????
ドアを開けてから、わずか30分もかかっていない。
不思議な気持ちで、帰りの電車にのる。

腰の違和感はまだあるけれど、
自分の中で何が起こったのか、少し興奮気味。

けれど、行きの電車で座っていて立つ時に、
柱をもってよいしょと、腰を気使いながら立っていたのが…
立てる?

一度には直さないらしい。
反動が来るから……。

紹介してもらった彼にメールを送る。
??のメールが返ってきた。
[PR]

by paomama | 2015-07-02 01:55 | こころとからだ
2015年 07月 02日

不思議な治療


その後、腰の痛みはなかなか消えない。
朝、起きる時に激痛が走る。

座っていて立つ時には、どこかにつかまらないと辛い。
寝ていて、立ち上がる時が最も辛く激痛が走る。
かれこれ、3週間がたつ。

さすがのおっとも、
整形外科でも行けば?

今回の腰の痛みはいつもと違う。
整骨院も2回で行かなくなった。
2回目の担当の方が、申し訳ないけど嫌だった。

なんていうか、手の感触というか、
何人もいる治療院だと、誰が当たるか解らないし、
手当が違う気がした。

知人からある治療院を紹介すると、メールをもらったのは一週間前のこと。

その後いかかですか?
いい治療院があるんですが、紹介しますよ。

ただ、場所が遠いし、保険がきかない。
さらに、一時マスコミやネットで評判が広がり、
初回の料金も安くはない。

とりあえず、ネットで調べてみた。
ホームページはないらしいけれど、いろんな人が自分のブログに書いているらしい。
何人かのブログを読む限りでは、
あの手の治療だと解った。

メールをもらった時は、ほとんど行く気もなくスルーしていたけれど、
さすがに3週間。
仕事にも支障があるし、ヨガやピラティスも行けない。
ふと、昨日から教えてもらった治療院に行ってみようか……。
と考えていた。

一時、すごい混んでいて、初回の料金が上がったらしい。

小雨まじりの朝、
こんな日なら、混んではいないだろうと考えた。
紹介してもらった彼にメールして出かけた。

これから、例の治療院に行こうと思います。

すぐに電話がかかってきて、駅からの説明をしてくれて、
自分は、確かだと思うし、妻や知人も何人か紹介したけれど、
皆んな、3〜4回で良くなっている。
と、説明された。

10時過ぎの武蔵野線に乗り、乗り換えること二回。
約一時間で駅に着いた。
思ったより近い。

初めて降りる駅。
駅前に噴水を確認する。
誰かのブログの写真に載っていた。

確か、こっちだろうと歩く。
キョロキョロしながら、説明されたポイントまで行くが見当たらない。
行き過ぎたかと、戻る。
ポイントの隣の雑居ビルの入り口を見ると、4回に治療院の名前を確認。

なんだ、駅前じゃない!
そう言ってくれれば、解りやすかったのに…。

恐る恐るビルに入り、小さなエレベーターに乗る。
かなり、古いビルのようだ。

エレベーターを降りると、左手に治療院の名前の書いてあるドアを見たけた。

そっとドアを開けると、小さな下駄箱があり、スリッパがあった。
右側が待合室、左側が治療室のようで仕切られていた。
待合室といっても、8人も座ればいっぱいになりそうな横椅子。

5人の患者さんが待っていた。

お一人でされているため、初回は大きな声で
初回です!と叫ぶように言われていたけれど、勝手が解らない。
治療室の仕切りの壁にいろんな張り紙がしてあり、
初回の方は、初回ですといってください。

待っていた方に、
いつ言えばいいのですか?
と尋ねると、叫んで。と教えられ、

今ですか?
治療中でけど、いいんですか?

大丈夫と伝えられ、恐る恐る
すいません、初回です!
少し大きめの声で叫ぶと、治療室の入り口らしきのれんから、
にゅっと手が出て、ボールペンと小さな紙を渡され

ここにいたいと書いてね。
裏もね!
初回料大丈夫?
手だけ出てきて、先生は治療を続けていた。
声がはっきりしていて、治療中の声が筒抜け。
[PR]

by paomama | 2015-07-02 01:55 | こころとからだ
2015年 06月 11日

不思議な治療

6月10日の朝のこと。
前日の夜、ヨガとピラティスをたっぷり2時間楽しんで帰宅。
11時には就寝。
次の日の朝、パチっと4時半に目覚め、朝から快調❗️
とばかりに、ふうちゃんを連れて早朝散歩に出かけた。
朝の空気が気持ちよく、40分位散歩して帰宅。

さあ、お弁当と朝ごはんの支度に取り掛かろうと、
フルーツジュースをコップに注ぎ、飲みながらガスに火をつけハンバーグを焼き始めた。
ジュースを飲み干し、前日に用意してあったマッシュポテトをひとくち口にした。

すると、いきなりキリキリと胃が痛み始めた。
うわーー、冷たいもが効いちゃったかな??
と、思っていると、さらにキリキリ痛み出した。
朝ごはんの準備、お弁当どころではなくうずくまり、冷や汗が止まらない。

何とかハンバーグを焼きあげて、息子に
ゴメン、ご飯炊けているからハンバーグをのせて作って。
と、伝えてお風呂場に駆け込む。
温めればいいかも⁉︎

お風呂に入っても、痛みは止まらない。
生姜湿布したいけど、動けないし、立てない。

なら、と、
50度のお湯を洗面器に出して、タオルで温湿布状態に胃に当てた。
それでも痛みは治らない。
情けなけど、ひとりお風呂場でスッポンポンのまま七転八倒‼️
さらに、50度のお湯をシャワーで胃に当ててみた。
少し楽な事を見つけた。
さすがに、50度は熱くて水で調整したから、45度位だろうか…。
しばらく、お湯の無駄使いを続けるが仕方ない。

30分位、その状態を続けるが治らない。

なんとか、バスタオルで水気を拭き、ストンとした服を着る。
はって部屋に入るが、痛みは続く。
部屋の隅でうずくまりながら、耐える。

病院に行けば?

夫の冷たい言葉。

何時間耐えただろう。

こうなったら、ひとりで生姜湿布しよう!
と、工房にバスタオルを持って、はっていく。
うなりながら、冷蔵庫から生姜をだしてすり始めた。
立っていられないので、椅子をよせて座ってする。
胃のキリキリとした痛みを耐えながらの、
この行為は苦しい。・°°・(>_<)・°°・。

畜生!
誰も助けてくれない!
なんて、性格も悪くなる。

何とか一握りの生姜をすり、綿の布で包み水の入った鍋に入れ、塩をひとつまみ。
火をつける。
沸騰させてはいけない。
出来上がるのが待ち遠しい。

これで、楽になる。

床にバスタオルを敷き、タオルを二枚用意した。
鍋がふつふつする直前に弱火にする。

二枚のタオルを生姜湯につけ絞る。
バスタオルの上に横になり、胃に当てる。
始めは熱々なので、手でパタパタしながら適温を待つ。
当てて我慢できる位になったら、一気に手で押さえる。

ジュワ〜!と、した感じ。
そうそう、これこれ!

若い頃、12時間苦しんだ胃けいれんを生姜湿布で治めた経験があり、
あの時はすぐに病院に駆け込んだし、薬ももらったけれど治らず、12時間苦しんだ後に
生姜湿布を思い出し、夜中にすり始めたのだ。
あの時は、夫も優しくて、夜中だったけど
みるにみかねて、途中で手伝ってくれたっけ‥‥。

今回は、
昨夜、ひとりでなんか食ったろー?だって

冷めたら、タオルを湯につけ絞る。
そして、胃に当てる。
繰り返すこと三回。
何とか、息ができる。

次は背中からと、胃の裏側の背中に当てる。
冷めたら、タオルを湯につけ絞る。
そして、当てる。
繰り返すこと三回。

生姜の湯も少なくなってきて、疲れてきたので終了することに。
後は、湯たんぽでと考えた。
二つ湯たんぽを作って部屋に戻り 、布団を敷く。
お腹に湯たんぽ、足先に湯たんぽ。
布団を掛け、少し楽になった。
すでに、三時間が経過していた。

そのまま、す〜と眠りにつけて、
一時間が過ぎ、目覚めると胃の痛みは消えていた。

恐るべし生姜湿布!
と、感心していて夫に自慢。
手伝ってくれないしね〜と、嫌味をひとつ。

ところが、トイレに立とうとした瞬間。
ピキーーーーーーン
うわわーーーーーー!
こ、腰がーーーーー!
腰に激痛が走る。
胃の痛みは治まったのに腰が痛い。


次の日の朝整骨院へ行くが、50歩100歩。
軽いぎっくり腰と診断された。

胃からきた腰の痛み、
骨盤のズレ?と言われ、骨盤矯正をしっかり?
ぎっくり腰はよくやるのだけど、今回は違う感じがした。
[PR]

by paomama | 2015-06-11 21:58 | こころとからだ
2015年 02月 01日

事故にあう。

クランデールさんのセッティングの後、自転車で帰宅途中、
ダイエー前のスクランブル交差点で、斜めに走ってきた自転車の後方のスタンドに、前輪が接触。
前かごには大根やモロモロ買い物を載せていて、重かったせいかバランスを崩し、転倒してしまった。

スピードも出していなかったので、サッと左足が出れば良かったのだけど、出ない。
まるでスローモーションのように左へ自電車は傾き、地面に叩きつけられた。
あまりの痛みに、しばらく動けない。

わーっと人がよってきてくれて、
大丈夫ですか!
と声を掛けられながら、両脇を支えて起こしてくれた。

歩けますが❓
と声を掛けらても、しばらく動けない。
なんとか、足を引きずり横断歩道を渡りきる。

周りの人に、お礼を言いいながらも、あまりの痛みに顔をみていない。
こんなに荷物を載せてちゃダメだよ。荷物は後ろに乗せなきゃいけないよ。
と、最後までいてくれたご主人に言われ、

お礼を言って、自転車に乗ってみる。
何とかこげるので、足が動くことに安心するものの、
自宅にもどってみると、左膝のスパッツが血だらけ。
痛みは、どんどん強くなっていく。


あらら、日曜日の鹿児島先生のヨガを楽しみにしていたのに・・・。
ところが、ヨガどころではなく、どんどん痛みは強くなってしまった。

交差点を渡るとき、恵方巻きの具のことを
考えていたんだよね・・・。
クランデールさんで、アボガドを買ったから、どこかでイクラを買おうか?
なんて、ボンヤリしていたんだろうね。

確か、前を通り過ぎた自転車の方は、男性の年配の方だったから、相手を転ばさなくて良かった。
周りに集まって、助けてくれた大勢の方。
どこの方か解りませんが、ありがとうございました。
怪我をしながらも、たくさんの方のご親切に有り難かった。

でも、
明日はラスクの日だけど、無理だろうなぁ〜。
[PR]

by paomama | 2015-02-01 21:10 | こころとからだ
2014年 09月 24日

メンタルセラピー

宮島先生からご指導を受けての現在。

断薬に成功したYご夫妻が昨日見えた。
ご主人、信じられないくらいの笑顔。

ある日、つきものが落ちたように
すっきりしたという。



いまでも、お二人が始めて
お店に来た時は、絶望感にあふれていて、


お話を聞けば、まだまだ学費のかかるお子さんがいて、住宅ローンも……

お話しながらも、家を売るしかない。。。
くらい、ご主人の表情は重く。


けれど、
三ヶ月の薬ずけ、三ヶ月断薬の生活。


苦しくて、悲しい半年。
お二人の選択がよかったのでしょう。

薬を飲んでからおかしくなった。


そのことに、気がついたから。



少しふっくらされて、笑顔でいらしたご主人。


奥様は、家を売らなくてすんだわ。

なんて、おっしゃっていましたが、お二人の愛情を感じました。
お子さんが、大きくなって、家を出て、
お二人になった時、今回の苦しい半年を思い出されるでしょう。


けれど、半年でよかった。
おめでとうって言いたいな。


通常ならありえないから、
[PR]

by paomama | 2014-09-24 23:01 | こころとからだ
2014年 06月 15日

パン屋の女将の腹を凹ます技術。

無料体験では、ピラーヨガ、コアビティなるレッスンを受けて入会した。

下腹を常に意識してのトレーニング。

今までに体験したヨガとは、少し違う感じ。
結構、効きます!
二回だけで、ズボンのお尻がゆるい?

食事も全粒粉やライ麦パンに変えて、
野菜中心でタンパク質も入れてと。

たくさん食べられない私は、菜食では難しいかとも考えて、鳥を少し取ることにした。

a0072505_4461113.jpg



心とからだのトレーニング始めます。
さて、この腹
どう料理しますか(*_*)
[PR]

by paomama | 2014-06-15 20:48 | こころとからだ
2014年 06月 13日

体幹ヨガ始めました。

近所に通い放題のヨガスタジオが出来て、さっそく体験しに行きました。

二十代の頃からジム通いにハマっていた私は、最後の出産の後、またジム通いを復活させていてた。
昨年までは、サーキットトレーニングとアクアビクスをやっていたところ、ひどいぎっくり腰をやってしまい退会することに。

さらに、今年の冬は最高に寒くて引きこもりになってしまい、5キロも増えてしまい、お腹にはぽってりとお肉つけてしまった。

春になったら何か始めたいと考えていた時、通い放題のヨガスタジオがオープンした。

で、考えた。
パオだから出来るダイエット!
パンを食べて腹を凹ます。
[PR]

by paomama | 2014-06-13 03:41 | こころとからだ
2013年 10月 07日

おひるごはん

数週間前から、夫の提案で食事を変えてみた。
今日は、鳥のむね肉ボイル、カボチャのナッツサラダ、ひじきとゴーヤの豆板醤炒め、納豆、ファーマーズプレット。
食事時間は決めて、夕食は遅くても7時まで。
痩せた?ってきくと、痩せるのが目的ではないからと、教えてくれないけど、明らかに背中が小さくなっている。
a0072505_15185788.jpg

[PR]

by paomama | 2013-10-07 15:14 | こころとからだ