パオのパン生活

paomama.exblog.jp
ブログトップ

2013年 03月 21日 ( 1 )


2013年 03月 21日

親子女子会?

火曜日に疲れがピークになり、足がパンパンに、治療した右足の静脈瘤が怪しい感じになってしまい、
足を上にして休んでいると、遊びに来た長女が、
「木曜日温泉に連れてってあげようか」と、気づかってくれた。

最近は、オーバーワークで外出していないことに気づく。
でも、少し億劫にしていて返事をしないまま眠ってしまった。
朝、目覚めてみて、やはり温泉に行きたかったとメールをしなかったことを後悔しつつ、メールをチェックすると、娘から「いいよ~!」
のメールが来ていた。
はて?と送信履歴を見ると、「温泉に連れて行って」と送信履歴がある。
夫に言うと、「俺が送っておいたから。」とのこと。

末娘が学校から戻るのを待って出発。

1時半から出かけるなんてことは、夫となら絶対にないことだ。
毎日、朝が早いから午後から出かけることを嫌う。

娘の運転だし、レッツゴー(⌒0⌒)/~~

向かうは手賀沼満天の湯。
自分の娘たちと四人で行く。
あれこれ、ペチャクチャ話ながら。

娘がたくさんいるっていいもんだなぁ(*^^*)と思いながら向かうは温泉。

ところが、( ̄□||||!!
なんと、月一回の定休日。

まあ、あたりの桜も見たし、手賀沼も見たし(-_-;)と、言い聞かせ、
方向転換し、向かうは極楽湯。


まあ、回数券も残っているし♪


到着は3時。
まあ、のんびりいきましょう(*^3^)/~☆

てな訳で 、皆でスッポンポン。
お年頃の次女だけが、恥ずかしそうにしつつ、170センチ、74キロの長女は堂々たるもの・・・・。

思わず、「おっきいから、バランスいいね、海外ならモデるかも」 なんて、ワケわからないことを口走る母親であった。


皆で温泉。

幸福感を味わうのでした。


帰りに実家へ寄ると、介護ベットに小さくなった義父がいた。
私は、自分の体が疲れていて、2週間ぶり。
余りに小さくなっていて、思わず手を握り 「こんにちわ!」 耳の遠いぎふの側で大きな声で言葉を交わす。

「大丈夫だよ。」って、入れ歯のない口元でモゴモゴしながら返事をしてくれる。
思わず、涙が溢れそうになるのを押さえる。


私は、産みっぱなしの嫁で、四人の子供たちはみんなじいちゃんッ子なのだ。


お礼をまだ言っていない。



今日は、いろんなことを感じる一日。
[PR]

by paomama | 2013-03-21 19:34 | 暮らし