パオのパン生活

paomama.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 11日

伊勢丹の話

先日、伊勢丹の食品担当のマネージャーさんから突然の電話。
9月の7日間のイベントにぜひ出店できないかということ。

・・・伊勢丹は7年前、新宿の伊勢丹本店に2週間の企画で参加したことがあった。
夜中に焼いて、焼き立てを朝出荷という、かなりハードな生活。
当然お店もあって、両方でのこと。
2週間で3キロやせた。

さっそく、相談に来るという。

私の中では、今年に入ってお客様の流れがいい感じで、このままで充分と思っていた矢先のお話なので、お断りするつもりでいた。

月曜日の夕方、マネージャーさんがいらした。
かなり緊張した面持ち。
事務所に通すやいなや、自分の伊勢丹で経歴を話し始めた。

3年間新宿伊勢丹でパンを担当していたという。
また、食品を担当しての面白みや仕事への熱意を一生懸命に話してくれた。

彼は実家が新松戸でかつてのパオもご存知だという。
そして、こんなにもおいしいパンをぜひ伊勢丹からたくさんのお客様に伝えたいという。

1時間半、とにかくお願いされた。
「どうかお力を貸してください。」と、

私も夫もパンにハマって好きでパンを焼いていただけのこと。
何度も何度も頭をさげられるような人間でもない。
まして、伊勢丹の責任者的方に・・・・。

10年前の自分をふと考えた。
自分を見失って、生き方に迷っていた20代後半。
ボロボロになって、自己反省して落ち込んで・・・・

私は酵母を起こしてパンを焼いて癒された。
そんな昔の自分を思い出した。

大変だから断ろうと思っていた。
今のまま、すこしづづ変化するパオを楽しもうと思っていた。
けれど、ここまでお願いされると・・・・。

パンを焼き始めて11年。
新松戸に開業してちょうど丸10年。
これも何かの節目かと考えた。

たまたま、彼のご両親がパオの常連さんであった。
お母様が、パオのクロワッサンアマンドが大好きで、毎日のように買いに見えた。
そして、いつもニコニコして「アーモンドはお肌にいいのよね。」と微笑む。

毎日アマンドを焼くときお母様の顔が思い浮かび、5~6個多めに焼く。

最近は少し体調をくずし、前ほどは来ない。
けれど、ご近所ということもあり、お父様と一緒にあるいている姿に出会う。
お父様が奥様をいたわりながら歩く姿(ときどき「早くしなさい。」と声をかけている)

お二人の姿を拝見するつど、忙しい私は数年後迎える夫婦2人の生活とダブらしていた。

その息子さんに真っ赤な緊張した面持ちで何度も頭を下げられてしまったら、
「もう、よしてください。私たちはそんなたいそうな人間ではありませんから。」と恥ずかしくなっていた。

製造量を増やすことで、お店の常連さんにご迷惑をかけたくないという思いから、即答も出来ない。販売員の手配その他準備が必要なので、数日時間をもらうことにした。
[PR]

by paomama | 2006-07-11 04:01 | 天然酵母パン


<< 無塩パン      パン屋さんのちかちゃん >>