パオのパン生活

paomama.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 26日

息子の誕生日その4

息子を出産しても、夫は仕事から抜けられないので。
直ぐには来れなかった。

当時は、まとまった卸しの仕事をしていたので、定休日までは来れない。
お産に付き合ってくれた娘は、次の日に一人で電車で帰る事となった。

その夜から、また雪は振り出し。
シンシンと降り続いた。
窓の外は真っ白で、一面銀世界だ。

二階の六畳間を二人で過ごすのが、黄助産院の病室。 
布団を二枚並べて敷き、間に小さなついたてがあり、
小さなテーブルとスタンドが設置されていた。

お産が少ない時は、一人で使う事になる。


窓には障子があり、襖で仕切られている隣も六畳の和室。
真ん中の部屋は診察室。
その奥は四畳半の和室の待合室となっていた。

窓際の場所を与えられていたので、窓を開けると隣の屋根や他は真っ白。
吹雪くように雪は降り続いた。


ポツンと一人、「迎えに来てもらえるんだろうか?」
そんな不安がよぎるほど、雪は降り続いていた。

隣のは産まれたばかりの息子がいた。

黄助産院では、お産をしたその時から。
赤ちゃんはママの隣に来るので、沐浴以外は片時も離れない。
食事も一回のリビングに降りて、他のママや先生、助手の方達と皆で頂く。
赤ちゃんが起きていると、おくるみでくるんで連れて行き、ママの隣の座蒲団を敷いて寝かせておく。

食事は最高に美味しい手づくりで、おかわりも出来る。
ただ、先生と助手の方達で作るので、お産が入ってしまうと遅れる。
朝ごはんが10時になってしまったり、お昼ごはんが2時、夕ごはんが7時なんて日もあった。

小さな助産院なので、自動販売機も売店もない。

二度目のお産なので、その辺は把握していたので。
袋にたくさんのパンを持って入院していたので、食事が遅くなる時はパンで空腹を満たしていた。 


夫と当時のスタッフやっちゃんが、次女を連れて面会に来てくれたのは二日後の夕方。
凍結して道路が危ないので、次女に長靴を履かせて電車を乗り継いで来てくれた。

朝2時に起きて、2時半から仕事をしてして。
パンを3時半に出荷して、それから片して来てくれたのだ。
そして次の日もまた、2時半からの仕事をしてくれた。


五日後の月曜日が定休日ということで、退院はこの日になり。
松戸から西東京に引っ越した笹岡くんが車を出してくれて、夫は電車で来て送ってもらえる事になっていた。


パンを始めてから、二年目の事。
睡眠時間も少なくて、超忙しい日々を送っていた毎日だったので。
ぼんやり過ごす貴重な五日間だった。
a0072505_04164597.jpg




[PR]

by paomama | 2017-01-26 03:36


     息子の誕生日その3 >>