パオのパン生活

paomama.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 15日

陽子ちゃんの電話

昨日の事。
夕方、食事前位の時間に電話。
末娘が出る。

お母さん「山崎さんだって!」
えっ?山崎さん?
知らないよ~。

おそるおそる出る。
「今晩は、山崎です。」
「はい。今晩は、山崎さん?」
「山崎陽子です。」

えっーーー!
「陽子ちゃん?」


そうなんです。
ラスクの陽子ちゃんからの電話でした。
何年ぶりでしょう?

結婚したって、ご主人様とお店に来たのは10年位前の事。
今は子供4人のママ。
2つ違いづつの子供たちと戦争のような毎日を送っている。


ふと、「侑莉子さんもてっちゃんをおんぶして頑張っていたよなぁ~」
って思い出して、何年ぶりかでブログを開いたところ、自分の事ご書いてあり、まさかの偶然。

「働いたこともない私にたくさんの事を教えてくれて、本当に感謝しているんです‼ブログ見て、こんな風に思ってくれていたんだって思ったら嬉しくて、伝えなきゃ!って思ったんです。」


数十分の間、懐かしくて近況報告会となった。



当時は、パンがコンスタントに焼けなくて試行錯誤ををしていた時代。
自分達も若かったし余裕もなかった。
頭から叱ったし、泣きながら仕事したり。



陽子ちゃんは、パン生地の入った番十をひっくり返したり、
種を溢してしまったり、とんでもない失敗をくりかえして
仕事に自信を無くして辞めた。

最後のお給料をなかなかとりにこなくて連絡して、
数週間後、ようやく取りに来たのは夕方。
私たちに会わせる顔がなくて来れなかったと言う。



3才になるみりは陽子ちゃんと大の仲良し。
陽子ちゃんが来なくなった事をしきりに気にしていた。

お給料を取りに来た陽子ちゃんを見つけると出てきて、
「どうしてみりちゃんちに来なくなったの?みりが嫌いになったの?」
何も言えないで涙をためる陽子ちゃん。

私も切なくて何も言えなかった。


伊勢丹本店のイベントの仕事を2週間やった時は
みんなで徹夜したり、早朝から仕事をしたり休みなく頑張った。
陽子ちゃんも必死でついてきた。


大変だったけど、熱かった。

10年前に会った時にもいわれたけれど、
「あの時があるから違う仕事についても頑張れたし、どんなに残業が続いても、仕事はこんなもん。って思えて有り難かった。」
そんな風に言ってくれた。


私も鮮明に覚えていますよ。
あの2週間の仕事、陽子ちゃん、八ツ橋くん、桧田くん、桧田くんの奥さん
大変だったけど、楽しかったね。
その節は、ありがとうございました‼
a0072505_05151085.jpg

[PR]

by paomama | 2016-04-15 18:52


<< 息子の火傷。      ラスクの話 >>